indigo making ・藍作り

I started growing indigo in 2016, after meeting Miki Totsuka, who was teaching a workshop in Gifu. At the time I lived in Tokyo and I took the bus to her place and learned the whole process from seed to dyeing from her over a period of 6 months.  Miki is an artist whom I…

一番刈りの1日目・ first day of harvest

一番刈りが始まりました。本当に暑い日だった。暑過ぎた! 刈り取るのは、好き。ありがとう、と言いながら、大きくなったね、と思いながら。あなた元気ないねとか、暑かったね、とか。。。刈り取った後は大きなブルーシートの上で、太陽のエネルギーで乾燥。乾燥したら、もみもみして、パラパラパラと粉になって、茎と別れる。藍染の原料になるこたち。ありがとう。美しい。乾燥していくうちに色が変わってきて、本当に美しい。 今年の葉っぱは、たくさん食べられたり、栄養不足だったのか、黄色くなっていたり。完璧な藍の葉っぱとは言えないのかもしれないけれど、愛おしい。土の事、もっと勉強して、もっと良い環境を作ってあげたい。これが課題。。。 暑過ぎて、1日が終わったら、36時間くらい寝込んでいました。この暑さ!しかし、強い日差しがないと、できない、この作業。藍の葉っぱは、刈り取った後にすぐに乾燥させないといけないので、これが大変です。 去年は家の中が藍だらけになって、湿気がすごくて、カビが生えたりとか。。。色々実験したのだけど。やっぱり一番良いのは、太陽。そして、短時間で乾燥させる。暑い! どこかで、去年よりたくさん取れていると良いなという思いは少しはあるけれど、量の事だけではない。。。藍のサイクルの中にいる、生活の中に藍がある、この環境にいれる事に感謝。 今年の畑は田んぼなので、いつもとちょっと違うポイントはあるのだけど。景色が最高すぎる〜   I just started harvesting indigo this season.  After finishing the first day of harvest, I slept for about 36 hours it was so hot!!! Until now, the planting and everything can be done in the morning or even on days when the sunlight is not so strong…

今年の畑・my hatake this year

今年は引っ越しをしたので、去年の畑とさよならをして、新しい畑を探していました。私が今住んでいる岡山の美咲町は山が多くて、田んぼがたくさんあります。美しい棚田の風景がいっぱい見えます。前の家の近くみたいに、ひろーい、平な土地というのはあまりなくて、畑は皆の家の近くにちょっとだけ、自分が食べる分を皆さん育てているかんじです。そして、イノシシがたくさんいるので、イノシシが畑や田んぼに入ってこない用に、柵がしてあります。木製の柵だったり、ワイアーフェンス、そして電柵、種類が豊富です。 私が今仮住まいを借りているのですが、その真下に田んぼが二枚あって、聞いてみたところ、貸してもらえる事になりました。とてもありがたい事に、朝起きたら、おはよ!って上から藍の姿が見えます! ここの田んぼの準備で少し大変だったのが、最初にたくさん雨が降った時用に田んぼの周りに溝を掘りました。その後に、トラクターで田んぼの持ち主が耕してくれました。本当にカチカチで、トラクターに甘えました。その後に畝を立てて、これは手で。ぎっくり腰になりました。田んぼの周りの斜面は仮住まいの大家さんが刈ってくれました。私のパートナーのでんでんもいっぱい働いてくれて。。。夢の用に畑の準備おけい!大感謝です! 苗もちょうど大きくなっていたので、移植。そして、私が失敗したのは。。。鶏糞を肥料として畑に撒いたら、葉っぱに虫さんが。いっぱい。。。雨が少なくて、感想しているせいもあるかもしれないけれど。。。とにかく、ぜーんぶなにかしら穴が空いていて。。。これからどうなる事か。。。 ここの畑の素晴らしいポイントがまだあります。まず、風景!本当に最高過ぎます!聞こえるのは、鳥の声と、近くで草刈りをしている音くらい。。。風が気持ちいいし、空が綺麗!そして、大家さんが山に行って、黒いホースを、山の小屋から持ってきてくれて、畑まで山水が流れています。浴槽もちょうど大家さんが、使っていないのがあって、それに水をためて、水が必要な時にその水を使います。最高です。今年は藍の近くに頂いた綿の種も少し蒔きました。そしたら芽が出て、可愛いです。鶏糞をまいたせいもあって、雑草もすごく元気に育ちそうです! 良い藍の時期が過ごせます様に!たくさんの学びがありますように! Since I moved this year, I had to say goodbye to my hatake in Yorii.  The soil was so soft there…  and my indigo was very happy there, so was I!  last year…  My new home, Misakicho in Okayama prefecture, is a place where there are lots of mountains! …

hatake repo-to 2018

In November 2017, I moved from Tokyo to Yorii, in Saitama prefecture, to have a bigger plot of land for my indigo.  I started growing indigo on a tiny tiny plot near my house in Tokyo.  The year after that, I commuted almost 2 hours out East from my home to a friend’s house with…

hatake

  hatake time is here this year again.  hatake means field, but I always say I go to my hatake, not my field.  this is pronouced like ha as in have and ta is in task, and ke as in keg.  kind of…  HATAKE~ So I finally have a big hatake. I knew for a…